加速する賃貸管理・仲介に関わる書類手続きの電子化

大東建託パートナーズ

企業|2018年11月26日

  • twitter

大東建託、更新手続きを電子化

賃貸管理・仲介に関わる書類手続きの電子化が加速している。22日、大東建託(東京都港区)のグループで管理業の大東建託パートナーズ(同)が、賃貸借契約の更新手続きで電子化を開始した。大東建託は18年2月から賃貸住宅の建築工事請負契約書の電子化を始めている。
書類を郵送や保存する手間がなくなり業務が効率化しているため、更新業務にも導入を決めた。今後は入居申し込みや退去申請などでの活用も進めていく。


大東建託パートナーズでは入居者とコミュニケーションを取るアプリケーションを活用して更新手続きを電子化する。これまで、更新手続きは「賃貸借契約更新同意書(以下、更新同意書)」に契約者の記入・押印が必要だった。同社が送付した更新同意書を受け取った契約者は書類に必要項目を記入・押印し返送していた。

今回の電子化により、入居者専用アプリやウェブサイト上で、入力フォームに従い情報を打ち込み送信するだけで手続きが完了する。更新の案内を受け取った後は、24時間いつでも都合のいい時間に手続きが可能で、従来のような書類のやり取りはなくなる。

対象は2019年2月末以降に契約が満期を迎え、居住用不動産を個人契約している契約者。

あわせて入居期間中の登録情報の変更によって運転免許証のコピー提出が必要な場合も、スマートフォンやタブレットなどで免許証を撮影し、アップロードするだけで手続きが済むようになる。入居者はわざわざ免許証のコピーを取って送付する手間がなくなる。

書面交付が義務付けられている賃貸借契約と異なり、導入ハードルが低い更新や退去申請、入居の申し込み手続きを電子化する不動産会社の動きが活発だ。あわせて、家賃債務保証や家財保険の加入申し込みも電子化する動きが出てきている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  2. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  3. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介件数の動向を調査 ー中編ー

  4. 【クローズアップ】Sumapla、家主と直接つながる部屋探しサイト開設

    Sumapla(スマプラ)

  5. 大和ハウス工業、賃貸リフォーム専門の新会社設立

    大和ハウス工業

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ