リクルート、テレワークの普及で『職住融合』

リクルート

その他|2020年01月28日

  • twitter

『職住融合』をキーワードに登壇する池本洋一編集長

 リクルート(東京都千代田区)は20日、『2020年のトレンド予測発表会』を都内で開催。「住まい」の領域に関しては、池本洋一SUUMO編集長が『職住融合』をキーワードに発表した。

2020年の住まいトレンド発表

 集合住宅の一部にシェアオフィスやコワーキングスペースを備えていたり、SOHOなどの住まいと職場が一体化した賃貸マンションが話題だ。働き方改革によって企業がリモートワークを推進したり、副業を認めたりすることに加え、東京五輪の開催に向けて政府がテレワークを推進していることが背景にある。

 リクルート住まいカンパニー(東京都港区)の調査によると、テレワークを実施する815人の公務員、正社員のうち、仕事用のスペースを自宅につくるなど、「自宅を仕事に適した環境に整えている」と回答した人が70%だった。適した環境を整えるために引っ越しを「実施」、「検討」、「希望している」と回答した人が合計53%に及んだ。今回の調査は、居住地が1都6県に加え山梨県、長野県に在住の20~64歳の男女。公務員と正社員を対象にデータを算出した。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ