健美家、区分マンションの価格上昇

健美家

投資|2020年01月30日

  • twitter

 収益不動産サイトを運営する健美家(東京都港区)が21日に発表した2019年1~12月期の収益物件市場動向年間リポートによると、区分マンションの価格は平均1566万円で前期比9・97%上昇した。その半面、投資利回りは7・37%で、同0・37ポイント下落。

一棟物件は7年ぶりに下落

 一棟アパートは、価格が6501万円で同2・94%下落、投資利回りは8・88%で同0・03ポイント上昇した。

 一棟マンションは、価格が1憶5161万円で同4・63%下落、投資利回りは8・35%で0・30ポイント上昇した。

 区分マンションの価格が上昇した半面、一棟アパートと一棟マンションの価格は12年以来7年ぶりの下落となった。

 オリンピックへの期待感から、区分マンションの価格は都心を中心に横ばいか上昇している。一方、金融機関による融資引き締めなどの関係で、地方や首都圏郊外の一棟アパートや一棟マンションの価格は低迷が続く。これが全体の下落につながったと考えられる。

 調査は健美家に登録された収益不動産を対象として、投資利回りと物件価格を四半期ごとに集計している。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 賃貸住宅の浴室特集①

    不動産情報サイト事業者連絡協議会, キッチン・バス工業会

  2. コロナ下で変わる地方移住特集①

    ふるさと回帰・循環運動推進・支援センター, マチモリ不動産, LIFULL(ライフル)

  3. IRIS、LGBT向けの CBRE Global Investors Japanと連携

    IRIS(アイリス), CBRE Global Investors Japan(シービーアールイーグローバルインベスターズジャパン)

  4. レオパレスの建築事務所が行政処分

    レオパレス21

  5. 東京、賃貸5万戸超の供給過剰

    タス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ