小口化で進む地域創生 〝共感〟で集まる改修資金

投資|2020年04月04日

  • twitter

『わかちあいファンド』により再生するビル

 少額から投資が可能な不動産小口化商品が注目を集めている。ひと口数万円から出資できる手軽さと、物件の管理など手間の不要な点が人気を呼んでいる。そんな不動産小口投資を資本金として、空き家や古ビルを再生し、地域の活性化につなげている企業を取材した。

周辺住民から3千万円調達

 「不動産の小口化商品は、地方創生のカギを握る」そう話すのは、滋賀県を中心に約500戸の賃貸管理を行う日本プロパティシステムズ(滋賀県大津市)の森田康弘社長だ。2019年10月に京都府・滋賀県で初めて不動産特定共同事業者として認可を受け、小口化による一般投資家への不動産販売が可能となった。「出資者とともに地域社会の発展に貢献したい」との森田社長の思いから同月に『わかちあいファンド』を立ち上げた。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃支援策 自治体一覧【居住用・事業用】

    2. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    3. 地場大手「IT化」加速

    4. 賃貸仲介、一部で回復傾向

    5. 絆人、シェアハウスに特化した設計プラン

      絆人

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ