新型コロナ、管理業務の在宅化進む

ニュース|2020年04月20日

  • twitter

 緊急事態宣言が発令され、21日で2週間が経過する。だが出社人数の"7割減"の要請に応える上で、管理会社が乗り越えるべきハードルは多い。入居者への緊急対応や建物管理など、現場対応が多いからだ。そのような中でも、感染拡大防止のため知恵を絞って在宅化に尽力する各社の事例を紹介する。

対面接客最小限に、鍵・書面は郵送対応

 「急に在宅ワークと言われても紙の書類の電子化をしないと不可能だ」。このように戸惑いを隠せないのは約5万戸を管理する会社の社員。ネットインフラ環境が整っておらず、それ故、社員のITリテラシーも低い。今は時短営業でしのいでいる。同様の声は多くの会社から聞こえてきている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  2. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  3. 【その2】賃貸仲介の成約単価・成約率などは会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸仲介編~)

    リライフ, スタートライングループ

  4. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  5. チームプロモート、QRコードで修繕手配

    チームプロモート

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ