居住用の家賃滞納リスク、徐々に顕在化

市況|2020年05月06日

  • twitter

 コロナ禍による失業や収入減が家賃支払いに影響を及ぼし始めている。3月時点では家賃滞納問題は皆無だったが、4月下旬になり、居住用賃貸でも減額相談に応じる管理会社が出始め、問題が顕在化してきた。現場の声をリポートする。

家賃減額、分割払い交渉のみならず退去申請も

営業自粛で失業

 「正直、かなり厳しい状況」

 こう話すのは5棟46室のシェアハウスを運営するサンクチュアリ(神奈川県横浜市)の松岡伸彦社長だ。4月中旬ごろから、家賃を支払えない・分割払いをしたいという相談が3件寄せられ、失業したため退去するという申し出が4件発生している。管理戸数が少ない分、退去件数増加のダメージは大きい。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    2. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    5. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ