居住用の家賃滞納リスク、徐々に顕在化

統計データ|2020年05月06日

  • twitter

 コロナ禍による失業や収入減が家賃支払いに影響を及ぼし始めている。3月時点では家賃滞納問題は皆無だったが、4月下旬になり、居住用賃貸でも減額相談に応じる管理会社が出始め、問題が顕在化してきた。現場の声をリポートする。

家賃減額、分割払い交渉のみならず退去申請も

営業自粛で失業

 「正直、かなり厳しい状況」

 こう話すのは5棟46室のシェアハウスを運営するサンクチュアリ(神奈川県横浜市)の松岡伸彦社長だ。4月中旬ごろから、家賃を支払えない・分割払いをしたいという相談が3件寄せられ、失業したため退去するという申し出が4件発生している。管理戸数が少ない分、退去件数増加のダメージは大きい。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ