宿泊物件の賃貸転用相次ぐ

市況|2020年05月05日

  • twitter

 新型コロナウイルスの影響で観光業が大きな打撃を受ける中、宿泊事業からの撤退や規模縮小にかじを切る管理会社が出ている。

繁忙期後の入居募集に課題

 5棟160室の宿泊施設を運営していた宅都ホールディングス(大阪市)では4月より、1棟を休館し、3棟を賃貸物件への転用を決めた。3棟とも新築で、竣工時からいずれ賃貸としても利用できる造りにしていた。しかし、「転用をここまで早く決断するとは思わなかった」と太田卓利社長の言葉通り、想定外の事態となった。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ