ビレッジハウス・マネジメント、生活弱者の住まいの受け皿に

ビレッジハウス・マネジメント

企業|2020年05月17日

  • twitter

住宅セーフティネットに登録した静岡県浜松市の『ビレッジハウス山王』

 低家賃の賃貸住宅『ビレッジハウス』を運営しているビレッジハウス・マネジメント(東京都港区)では4月の新規入居問い合わせが微増している。岩元龍彦共同最高経営責任者は「今こそ、安心で安全な住環境を低価格で提供する社会的役割を担う時」と語る。2019年から住宅セーフティネット登録を進めてきた。新型コロナウイルスの影響で増加が見込まれる住宅確保要配慮者の受け入れを強化したい考えだ。

低家賃の「ビレッジハウス」10万5166戸

セーフティネット管理戸数の約15%

 同社の管理戸数は4月末現在で10万5166戸。住宅セーフティネットに登録しているのは1万5602戸で、およそ15%にあたる。北海道、長野、東京、埼玉、滋賀、大阪、兵庫、和歌山、福岡など23都道府県で登録が済み、さらに広げていく姿勢だ。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃支援策 自治体一覧【居住用・事業用】

    2. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    3. 地場大手「IT化」加速

    4. 賃貸仲介、一部で回復傾向

    5. 絆人、シェアハウスに特化した設計プラン

      絆人

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ