今、見直すべき!賃貸住宅のインターネット環境~導入ポイントと商品紹介~

その他|2020年06月26日

  • twitter

 テレワークやオンライン授業など新たな生活スタイルによって、賃貸住宅におけるインターネット環境は需要が増している。新築時や既設物件への導入に役立つ情報をインターネット提供会社のサービスを例に出し紹介していく。

ニーズ高まる〝快適な通信速度〟 テレワーク、オンライン授業の定着で必須設備に

新しい生活スタイルに欠かせないインフラ

【市況を知る】

 新型コロナウイルスの感染拡大によって訪れた"新しい生活スタイル"に賃貸住宅業界も対応していかなければならない。ニーズが高まっているのは、入居者が利用できるインターネット環境だ。

 これまでも、人気の住宅設備として、入居者が無料で使えるインターネット設備を取り上げてきた。しかし、新しい生活スタイルでは、在宅勤務の定着、オンライン授業の普及に加え、映画や音楽など自宅に居ながら楽しめるエンターテインメントコンテンツや、生活サービスのインターネット注文などの利用が増えることが見込まれる。NTT東日本・西日本が公表しているトラフィック情報では、実際にインターネット接続におけるデータ通信の量が増えていることが分かる。こうした時代の潮流を読むと、賃貸住宅に導入されているインターネット無料サービスでは、通信速度の品質が求められてくる。空室対策や、入居者の満足度を高める設備として、再注目したい。

 そもそも、賃貸住宅市場における「インターネット無料」設備はどの程度普及しているのか。大手ポータルサイト『SUUMO(スーモ)』に掲載されている物件、設備に「インターネット無料」が該当する件数の割合を調査した。2020年5月31日時点で、全国では全物件数18.41%、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)では14.73%が「インターネット無料」だった。ただこれは、『SUUMO』に掲載されている募集中の物件に限った割合だ。インターネット無料の部屋は入居が決まりやすいと考えると、入居中の部屋を含めた導入物件の割合はさらに高い。参考までに、首都圏で賃貸住宅を管理する複数の不動産会社にヒアリングを行ったところ、「管理物件の3~4割程度が、インターネット無料物件」と答えるケースが多かった。「新築のアパート、マンションでは、ほぼインターネット無料を導入している」という声も少なくない。大手デベロッパーの賃貸マンションだけでなく、ハウスメーカーのアパートも新築であれば当然のようにインターネット無料設備が標準装備されている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ