大阪メトロ、大阪宅建と連携協定

大阪市高速電軌鉄道、一般社団法人大阪府宅地建物取引業協会

企業|2020年07月06日

  • twitter

調印式に列席した大阪メトロの中村和浩常務取締役(写真左)と大阪宅建の阪井一仁会長(写真右)

 大阪市高速電軌鉄道(以下、大阪メトロ:大阪市)は12日、一般社団法人大阪府宅地建物取引業協会(以下、大阪宅建:同)との包括連携協定を発表した。大阪メトロ沿線の地域活性化事業の推進のため、地域の遊休不動産の活用に注力していく考えだ。

遊休物件改修し沿線活性化

 大阪メトロでは2018年の民営化に伴い、沿線地域の再生から地下鉄の利用人口の増加を図っている。主に御堂筋線「西田辺」「長居」「あびこ」駅周辺の3エリアで、地域単位での遊休物件を活用するエリアリノベーションに着手し、沿線の活性化を進めている。今回、約8500社の会員を有する大阪宅建と提携することで、大阪メトロと協会会員のマッチングを促進。会員企業の持つ周辺地域の物件情報や幅広い活用手法を取り入れるとともに、事業機会の創出や地域活性化のノウハウを提供する。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ