銀行の不動産業参入問題に迫る(自民党・小倉議員インタビュー)

市況|2020年07月02日

  • twitter

6月8日にインタビューに応じた 自民党 小倉將信 衆議院議員(経済成長戦略事務局次長) 

 地方銀行の不動産仲介業・保有不動産の賃貸参入をめぐる議論は、10年以上前から平行線をたどっている。自民党で本議論が検討されている報道を受け、全宅連は5月21日に反対を表明した。本紙は詳細を追うべく、規制緩和を前向きに検討している、自民党・経済成長戦略本部事務局次長兼金融調査会事務局長の小倉將信衆議院議員に独占取材を実施した。(聞き手/編集部・高山英聖、柴田はるな)

直近の政策提言から除外、「信頼関係の醸成が必要」

―地方銀行の不動産仲介業参入をめぐる議論は、10年以上前から続いています。そこに自民党が5月、政策提言の中に参入検討の旨を盛り込む報道が一部で見られました。

 自民党の経済成長戦略本部の中で議論を進めていました。地銀の不動産仲介業参入の話はメーンテーマでなく、今後地域経済が縮小していく中で、どのように経済を発展させるかを考えていく上での文脈の一つです。

―銀行は融資機能を持つが故に、参入できる業種が限定的と言われています。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ