トップインタビュー ビレッジハウス・マネジメント

ビレッジハウス・マネジメント

企業|2020年07月30日

  • twitter

ビレッジハウス・マネジメント 写真左から 岩元龍彦共同最高経営責任者(46)、工藤健亮共同最高経営責任者(40)

 管理業務のIT化で入居率を高めるのがビレッジハウス・マネジメント(東京都港区)だ。スマートフォンによる非対面の業務フローを確立。デジタル化による情報蓄積に注力し、入居者情報のビッグデータを活用した次の一手を打つ。

10万戸超のビッグデータを滞納対策に活用

管理人にスマホ支給、HPの申込5割増

 ビレッジハウス・マネジメントの管理戸数は10万5166戸(3月末時点)と管理戸数ランキングで9位につけた。世界的ファンド、フォートレス・インベストメント・グループ(以下、フォートレス:米国)の日本における賃貸管理会社だ。

 アフターコロナを見据えて同社が力を入れるのは、IT活用による管理業務の効率化と非対面化だ。現場担当者全員にスマートフォンを支給し、手書き作業を廃止。デジタル対応により、入力のし直しなどの業務を削減している。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ