リーウェイズ、静岡銀行で運用開始

リーウェイズ

商品・サービス|2020年07月31日

  • twitter

 AI技術を活用した不動産価値分析サービスを展開するリーウェイズ(東京都渋谷区)は、静岡銀行(静岡市)と投資用不動産シミュレーションシステム『Shizugin Investment Planner(シズギン・インベストメント・プランナー)』(以下、SIP)を共同開発。13日に、静岡銀行が同システムの本格運用を開始したと発表した。

AI活用し投資リスク低減

 両社は2019年6月に資本業務提携を締結し、融資審査の厳格化や不動産関連融資における顧客保護体制の強化において、AIを活用した新しいビジネスモデルの構築に取り組んできた。『SIP』では、リーウェイズが保有する全国1億件超の不動産ビッグデータを学習したAIにより、収益不動産の将来的な稼働率や賃料の下落による運用リスクを可視化できるようになる。これにより静岡銀行は、客観的な指標を取り入れた投資計画を顧客に提案していく。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ