【その4】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

フレンドホーム, トヨミツ, ラビエスト

企業|2020年09月28日

  • twitter

フレンドホームの外観

 賃貸住宅の管理業務は、会社によって内容・やり方・こだわりが異なる。最終回となる4回目は、フレンドホーム、トヨミツ、ラビエストの3社の取り組み・状況を紹介する。

フレンドホーム、物件の課題、社員で知恵だしあう

週1会議で入居率98%維持

 フレンドホーム(埼玉県幸手市)は、地元で1155戸を管理しており、入居率は現在98%を維持している。すべて一般賃貸で、管理手数料は5%。情報共有システムを導入し、社員がスマホで顧客情報や、応対中の案件を確認できる仕組みづくりを構築することで、全従業員22人で管理業務に取り組んでいる。ただ、物件ごとに担当者を2人指定し、中心となって動く担当者を仲介業務と管理業務で分担。物件の規模や空室状況を見ながら、勤続年数と経験に応じて管理物件を従業員に割り振っている。

フレンドホーム 管理戸数・年間仲介件数等まとめ

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸仲介業の実態を探る

    愛媛建物, アップルハウジング, タクシン不動産

  2. オクスト、施工後1カ月で満室

    オクスト

  3. LIFULL、住みたい街「生活便利な郊外」躍進

    LIFULL(ライフル)

  4. 2020 人気設備ランキング発表

  5. 入居者が喜ぶIoT設備 8選(トレンド企画・後半)

    ライフリライアンス, 日栄インテック, Robot home(ロボットホーム), Wiz(ワイズ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ