フロンティアハウス、小型の賃貸併用住宅、開発積極化

フロンティアハウス

ニュース|2020年09月30日

  • twitter

『ちょい貸しライフ』のパース

 新築一棟マンション・アパートの開発会社、フロンティアハウス(神奈川県横浜市)は今後、小型の賃貸併用住宅の開発・販売に力を入れる。融資審査の厳格化で集合住宅の一棟売りのハードルが高くなり、一つの突破口として商品メニューを増やした格好だ。

低金利、4千万円台で販売

 賃貸併用住宅のブランド名は『ちょい貸しライフ』と命名し、横浜市内に3棟分つくった。2階建て。1階は50~60㎡の2DKが1戸分、2階に1戸20㎡のワンルームを2戸備えている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸仲介業の実態を探る

    愛媛建物, アップルハウジング, タクシン不動産

  2. オクスト、施工後1カ月で満室

    オクスト

  3. LIFULL、住みたい街「生活便利な郊外」躍進

    LIFULL(ライフル)

  4. 2020 人気設備ランキング発表

  5. 入居者が喜ぶIoT設備 8選(トレンド企画・後半)

    ライフリライアンス, 日栄インテック, Robot home(ロボットホーム), Wiz(ワイズ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ