【その5】付帯商品の販売スタンス、不動産賃貸会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~付帯商品編~)

ヤマシン, アーバンフォース

企業|2020年10月09日

  • twitter

 アパートの入居予定者に販売する付帯商品には実に多くの種類があるが、不動産賃貸会社によって扱う商品の幅や提案スタンスは異なる。最終回となる5回目は、今回はヤマシン、アーバンフォースの2社の事例を紹介する。

ヤマシン、保険の提案にこだわり

30年来の損保・生保の代理店業

 東京都墨田区エリアで約700戸を管理するヤマシン(東京都葛飾区)は、オーナー向けにあいおいニッセイ同和損保(東京都渋谷区)の建物の補償商品を、事業関連会社であるe-net少額短期保険(長野県佐久市)の賃貸住宅向けの家財保険などのパッケージを管理物件の入居者向けに提供している。家主向け、入居者向けそれぞれ関連会社の保険を使っていることで、家主か入居者か判断が微妙なトラブルが起きたときも、情報共有が円滑に進み、迅速に対応できることがあるという。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2020 人気設備ランキング発表

  2. ファイバーゲート、自社開発IoT製品、販売開始

    ファイバーゲート

  3. クレームの多い設備「ネット無料」「宅配BOX」が突出(人気設備ランキング番外編)

    PIM, 富士建設工業, I・S・E

  4. 日本宅配システム、非対面受け取り増加で需要拡大

    日本宅配システム

  5. 加瀬倉庫、半個室作れるパーテーション販売

    加瀬倉庫

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ