7~9月業績 賃貸銘柄、回復基調に転じる

センチュリー21・ジャパン, ハウスコム, FJネクスト, サンネクスタグループ

ニュース|2020年11月09日

  • twitter

 上場企業の7~9月期の決算が続々と発表された。減収が相次いだ4~6月期から回復基調にある。外出自粛ムードが和らぎ、次第に客足が戻ってきたようだ。センチュリー21・ジャパン(東京都港区)、ハウスコム(同)、FJネクスト(東京都新宿区)は業績が大幅に改善。一方で、再拡大の兆候が見られるコロナ禍の影響が不透明で予断を許さない状況が続いている。

センチュリー、ハウスコムなど

 不動産仲介のフランチャイズを展開し、9月末現在974店の加盟店を抱えるセンチュリー21・ジャパンは、「8月ごろから前年と同等に客足が戻ってきた」(広報担当者)ことにより、売上高、営業利益ともに4~6月期と比べると、7~9月期は対前年同期比でのマイナス幅が大きく縮まった(上の表)。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 賃貸住宅の浴室特集①

    不動産情報サイト事業者連絡協議会, キッチン・バス工業会

  2. コロナ下で変わる地方移住特集①

    ふるさと回帰・循環運動推進・支援センター, マチモリ不動産, LIFULL(ライフル)

  3. IRIS、LGBT向けの CBRE Global Investors Japanと連携

    IRIS(アイリス), CBRE Global Investors Japan(シービーアールイーグローバルインベスターズジャパン)

  4. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  5. イタンジ、入居状況を自動回答する機能、提供

    イタンジ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ