LIFULL、今年の不動産投資を表す漢字

LIFULL, 投資物件ポータルの健美家

ニュース|2020年12月22日

  • twitter

 LIFULL(東京都千代田区)のグループ会社、投資物件ポータルの健美家(東京都港区)は11月19日から25日までの期間、サイトユーザーに対して「今年の不動産投資を表す漢字2020」をテーマにアンケート調査を実施した。

1位は「禍」コロナ関連目立つ

 全107件の応募の中で、69個の漢字が寄せられた。1位が「禍」(8票)。2位以降は「忍」「迷」「滞」と続いた。一つの漢字に大きく偏ることなく、多様な漢字が集まった。

 1位の「禍」の理由は「今年は『コロナ禍』に尽きると思うので」「コロナで大苦戦した年だったので」など。2位の「忍」の理由では「コロナに始まり、客付けなど、忍耐力を必要とする一年だった」「融資審査がなかなか下りないため」など新型コロナウイルスの流行にかかわる理由が目立った。

(12月21日2面に掲載)

おすすめ記事▶『LIFULL、住みたい街「生活便利な郊外」躍進』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ