ライフライン一括代行、利用増

まるっとチェンジ, ライフアップ

企業|2020年12月24日

  • twitter

まるっとチェンジのHPトップ

 賃貸仲介会社の間で、付帯商品販売を一括で請け負う代行会社を利用するケースが目立ってきている。入居手続きを経た後に、代行会社が電気・ガスやインターネット取り次ぎなどのライフラインサービスの利用を案内する。仲介会社にとっては、販売の手間を省きながら一定の付帯手数料収入を得られるメリットがある。代行サービスの仕組みと、代行会社によって異なる特徴を2社の事例から紹介する。

賃貸仲介で付帯販売の手間削減

 多くの賃貸仲介会社では、部屋を探しに来店した顧客に対し、接客にあたった営業社員が付帯サービスを案内する。電気・ガスの利用手続き案内から、インターネット契約の取次、ウォーターサーバーの利用案内まで品数は多岐にわたる。販売した商品の中には、賃貸仲介会社がインセンティブを受け取れるものもある。その代わり、取り扱う品数が増えるほど社員の接客効率は悪くなりやすい。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ