いえらぶGROUP、不動産向けRPAサービス 導入数百社に

いえらぶGROUP

企業|2021年01月05日

  • twitter

「RPAらくらくロボシリーズ」の販売は2020年4月からだ

 いえらぶGROUP(東京都新宿区)が提供する不動産業界向けRPAサービス、『RPAらくらくロボシリーズ』の導入企業数が数百社に達した。不動産仲介会社が管理会社のデータベースから社内システムに空き室情報を登録する「物出し」、入力した空き室の募集状況を確認する「物件確認」業務を自動化するサービスの利用が中心だ。

物出し、物件確認業務の代替が中心

 例えば、1カ月に3000件程度の空き室情報を収集・入力する、不動産仲介会社の場合、1日で50~100件の確認業務を1~2人の担当者が担当していることが多い。RPAを導入すると、一部の業務を除き、大半の関連業務を人から切り離すことができる。その時間を物件を魅力的に紹介する業務に力を注ぐことができる。

月額費用は1作業につき1万円~

 いえらぶGROUPが販売するRPAは、RPAの世界的大手であるUiPath(ユーアイパス:同千代田区)社の製品をベースにしている。通常、RPAを導入するには自社内や契約するITベンダーの協力を得て、既存の業務フローに即した開発が必要となる。しかし、この製品は、あらかじめ不動産業務に特化して開発されたパッケージとなり、低コストでRPAを導入できる。初期費用は数十万円で、1つの作業プログラムに対して、月額利用料は1万円~だ。物出し業務と、物件確認業務のRPAを導入した場合は、月額料金が3万円~になる。

 RPA開発責任者の田村敬也さんは「RPAを導入にあわせてシステムの専任者を配置する必要はなく、運用保守も当社で行う」と話している。

小玉勝徳さんと田村敬也さんの写真

小玉勝徳さん(左)RPA開発責任者の田村敬也さん(右)

(1月4日29面に掲載)

おすすめ記事▶『いえらぶGROUP、不動産業務に特化したRPAを開発』

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  3. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  4. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ