いえらぶGROUP、不動産向けRPAサービス 導入数百社に

いえらぶGROUP

企業|2021年01月05日

  • twitter

「RPAらくらくロボシリーズ」の販売は2020年4月からだ

 いえらぶGROUP(東京都新宿区)が提供する不動産業界向けRPAサービス、『RPAらくらくロボシリーズ』の導入企業数が数百社に達した。不動産仲介会社が管理会社のデータベースから社内システムに空き室情報を登録する「物出し」、入力した空き室の募集状況を確認する「物件確認」業務を自動化するサービスの利用が中心だ。

物出し、物件確認業務の代替が中心

 例えば、1カ月に3000件程度の空き室情報を収集・入力する、不動産仲介会社の場合、1日で50~100件の確認業務を1~2人の担当者が担当していることが多い。RPAを導入すると、一部の業務を除き、大半の関連業務を人から切り離すことができる。その時間を物件を魅力的に紹介する業務に力を注ぐことができる。

月額費用は1作業につき1万円~

 いえらぶGROUPが販売するRPAは、RPAの世界的大手であるUiPath(ユーアイパス:同千代田区)社の製品をベースにしている。通常、RPAを導入するには自社内や契約するITベンダーの協力を得て、既存の業務フローに即した開発が必要となる。しかし、この製品は、あらかじめ不動産業務に特化して開発されたパッケージとなり、低コストでRPAを導入できる。初期費用は数十万円で、1つの作業プログラムに対して、月額利用料は1万円~だ。物出し業務と、物件確認業務のRPAを導入した場合は、月額料金が3万円~になる。

 RPA開発責任者の田村敬也さんは「RPAを導入にあわせてシステムの専任者を配置する必要はなく、運用保守も当社で行う」と話している。

小玉勝徳さんと田村敬也さんの写真

小玉勝徳さん(左)RPA開発責任者の田村敬也さん(右)

(1月4日29面に掲載)

おすすめ記事▶『いえらぶGROUP、不動産業務に特化したRPAを開発』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ