【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

ニュース|2021年03月01日

  • twitter

コロナで明暗、ウェブ強化が関係か

 新型コロナウイルスの影響で賃貸仲介営業の好不調の明暗が分かれている。1~2月中旬の繁忙期前半の状況を把握する当社アンケート調査(有効回答数304社)では「前年より仲介件数が減少」と答えた割合が、「前年より増加」を上回り、2020年の調査結果から一変した(下記グラフ)。不調企業の多くが「コロナ禍」「法人需要の減少」に左右された一方、好調企業の約半数は「インターネット集客の強化」で件数を伸ばした。環境変化に柔軟に対応する姿勢が問われそうだ。

770101.jpg

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. コロナ禍での家賃債務保証会社①

    全保連, エポスカード, オリコフォレントインシュア, オリエントコーポレーション, エルズサポート, JPMCファイナンス, 近畿保証サービス, ジェイリース, ニッポンインシュア, ジャックス, Casa(カーサ), 日本賃貸保証

  2. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  3. 変わる不動産実務 ~オーナーアプリ編①~

    コスギ不動産, 宅都プロパティ, Good(グッド)不動産, プロラボテック

  4. 【書籍紹介】『令和3年度 よくわかる税制改正と実務の徹底対策』

  5. 【書籍紹介】『10万円から始めて 資産を200倍にする小型成長株投資』

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ