VR内見 コロナ禍以降の利用急増

リコー, ナーブ, AR(エーアール), クラスコ

ニュース|2021年03月02日

  • twitter

VR内見でユーザーが見ている室内

 映像や360度カメラで撮影した写真で室内を案内するバーチャル内見サービスの利用が、コロナ禍以降急増している。リコー(東京都大田区)が販売する360度カメラ『THETA(シータ)360・biz(ビズ)』は、2020年の契約数が8000社となり、19年から5割増加した。そのうち6割を占めたのが不動産業で、さらにその半数が賃貸系の不動産会社だった。ナーブ(東京都港区)が提供するバーチャル内見システムの物件掲載数は200万戸となり19年の4倍に増え、システム導入店舗は5000店に達した。

リコー、シータの契約5割増、うち6割が不動産

ナーブ、掲載物件数200万戸、19年の4倍に

 撮影したバーチャル内見データは、ウェブサイトでの掲載、オンライン商談での利用、問い合わせに対するメールへの添付などにより、実際の内見につなげるのが一般的だ。一方で、入居者が居室を見ることなく、バーチャル内見だけで契約する事例も増えている。ナーブによれば、サービスを提供する不動産会社において、緊急事態宣言が発令された1月、実物を見ることなく契約に至った案件は、20年同月の10倍に増えた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. コロナ禍での家賃債務保証会社①

    全保連, エポスカード, オリコフォレントインシュア, オリエントコーポレーション, エルズサポート, JPMCファイナンス, 近畿保証サービス, ジェイリース, ニッポンインシュア, ジャックス, Casa(カーサ), 日本賃貸保証

  2. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  3. 変わる不動産実務 ~オーナーアプリ編①~

    コスギ不動産, 宅都プロパティ, Good(グッド)不動産, プロラボテック

  4. 【書籍紹介】『令和3年度 よくわかる税制改正と実務の徹底対策』

  5. 【書籍紹介】『10万円から始めて 資産を200倍にする小型成長株投資』

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ