ライフケア・ビジョン、元気な高齢入居者向けアプリ開発

ライフケア・ビジョン

ニュース|2021年04月15日

  • twitter

他者との交流や社会参加を促し、入居者の孤立を防ぐ

 高齢者用の施設や住宅を運営するライフケア・ビジョン(大阪市)が、元気な高齢者を対象とする賃貸マンションの入居者に向けたアプリを開発した。提供開始は5月中旬。入居者専用のSNS機能を備え、施設内でのイベント予約、地域の店舗や求人に関する情報の取得、日々の困り事相談ができる。入居者の孤立を防ぐため、オンラインとオフラインで、他の入居者や地域住民との交流、社会参加を促す。

 2020年12月にオープンした『シニアアップデートマンション〝Life Care Suita〟(ライフケアスイタ)』の入居者向けに開発したものだ。全42戸の8階建て賃貸マンションで、高齢者が安心して1人暮らしできるような設備やサービスを備えた。

 浴室と寝室には、入居者の動きをモニタリングする非接触式センサーを設置した。異常を検知すると、音声通信が、同社が運営する近隣の見守りセンターに自動で接続され、安否確認や緊急搬送の手配を行う。浴槽には、溺死を防止するために、異常を検知すると自動排水するシステムを備えた。

 「自立した生活ができるにもかかわらず、1人暮らしの不安から老人ホームに入居する人は多い。元気な高齢者が安心して生活できる住まいを開発した」と新規開発事業部の近藤量行部長は話す。同社は現在、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅を22棟908室運営しており、今後は『シニアアップデートマンション』シリーズの開発を進め、5年で10棟400室の供給を目指す。

(4月12日3面に掲載)

おすすめ記事▶『【トップインタビュー】サービス付き高齢者向け住宅を24棟746戸運営』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【調査】管理士資格の取得状況①

    大東建託パートナーズ, アムス・インターナショナル, 長谷工ライブネット, 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  2. 髙松建設、東京都心に新築賃貸マンション完成

    髙松建設

  3. 仲介・管理会社ノート 家主との関係構築術編⑤ ~前編~

    タキナミネクスト, アルカディア管財, アート不動産

  4. 重説書面の電子交付実現間近

    公益財団法人日本賃貸住宅管理協会, 湘南らいふ管理, 明和不動産

  5. グッドライフ、AIを活用した不動産買い取り開始

    グッドライフ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ