変わる不動産実務 ~物確・申込編①~

リッチロード, ライナフ, イタンジ, アットホーム, 朝日不動産, 京急不動産, ビジュアルリサーチ

企業|2021年05月13日

  • twitter

 不動産業務のデジタル化に伴い、物件確認や入居申し込みにおいても効率化が進んでいる。システムの利用により、業務時間外での顧客対応や遠隔接客が可能になるなど、ITツールの活用は機会損失の抑止もにもつながっている。

物件確認4割が自動完結

 収益不動産の売買・賃貸管理などを手掛けるリッチロード(東京都新宿区)では、繁忙期に受電する物件確認のうち、およそ8割がイタンジ(東京都港区)の物件確認システム『ぶっかくん』経由だ。そのうちの4~5割が、システムの自動音声対応のみで解決している。3年ほど前に導入したが、電話対応の時間削減に貢献し、スタッフは書類作成等の事務作業に時間を振り分けることができている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  3. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  4. 入居を後押しするホームステージング~前編~

    ハウジングロビー,カグカス,一般社団法人日本ホームステージング協会

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ