意思表示【賃貸不動産経営管理士試験対策】

【連載】2021年試験対策 賃貸不動産経営管理士

法律・制度|2021年08月15日

  • twitter

Q.勘違いで契約すると取り消せる?

A.取り消せる場合もあります

錯誤で契約した場合は?

 錯誤とは、表示に対応する意思がないか(表示内容の錯誤)、または、法律行為の基礎とした事情についてのその認識が真実に反すること(基礎事情の錯誤)をいいます。つまり、勘違いのことです。

 例えば、202号室を借りるつもりで契約書にサインしたつもりが、303号室の賃貸借契約書にサインしてしまったような場合が表示の内容の錯誤で、「ペットが飼える」という知人の情報を信じて高級マンションの賃貸借契約を締結した後、その情報は昔のもので現在はペット飼育不可であった場合が基礎事情の錯誤です。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. エイムズ、築39年の物件で施工中に成約獲得

    エイムズ

  5. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ