取手市役所、若者の人口流入増加 テレワーク補助金で加速目指す

取手市役所

企業|2021年09月16日

  • twitter

 取手市役所(茨城県取手市)では、6月より「テレワーク移住促進事業補助金」を開始し、2022年1月まで実施する。

 移住誘致を目的とした施策で、同市に転入し、住宅を取得すると最大50万円、賃貸物件を借りた場合は月最大2万円の家賃補助が出る。住宅を購入した場合は、他の制度との併用により、最大200万円の補助を受けることが可能。また、在住の市民も対象に市内の宿泊施設でテレワークを行う場合に1回につき最大2000円の補助金を支給する。7月30日時点では家賃補助で5人から、宿泊施設でのテレワーク利用補助で10名程度から申請を受けている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  4. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  5. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ