UR都市機構とMUJI HOUSEが共同でリノベーション

UR都市機構, MUJI HOUSE(ムジハウス)

ニュース|2021年10月07日

  • twitter

リノベ後の金鶏団地の内装

 UR都市機構(神奈川県横浜市)は、無印良品の住空間事業を担うMUJI HOUSE(以下、ムジハウス:東京都豊島区)と共同で所有する物件へのリノベーションを行った。その入居者募集を9月18~20日に行い、定員の3~4倍の応募が集まった。若年層に人気な2LDKなどに改修し、入居者の若年化を図ることが狙いだ。

2LDKで入居者の若年化狙う

 今回対象となったのはUR都市機構九州支社(以下、UR九州:福岡県北九州市)が管轄する「金鶏団地」のうち4戸。JR日豊本線「南小倉」駅よりバスで5分、徒歩5分程度の場所に位置している全128戸の物件だ。リノベ後の入居者は20~40代で小さな子どもがいるファミリー層を想定した。

 2012年に開始したムジハウスとUR都市機構が共同で行うリノベ事業「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」の一環で、今回で53件目となる。

 リノベ内容は3DKから若年層に人気の2LDKに改修しニーズをつかみつつ、取り外し可能なふすまを残すことで、入居者による間取り変更が簡単に行える点をアピールポイントとした。

 UR都市機構の所有物件の入居者は、20年の調査で65歳以上の高齢者の割合が36.9%と3分の1以上を占める。15年に行った前調査時よりも増加幅は緩やかになっているものの、こうした取り組みを通じて一層の若年化を進めていきたいという。UR九州の営業推進課山崎慎矢氏は、「ムジハウスと共同で手がけた53団地の入居者割合は、40代以下が約75%と、共同でリノベすることの効果を感じている」と話す。

(10月4日2面に掲載)

おすすめ記事▶『UR都市機構、団地内の共用ワークルームが好評』

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ