コロナ禍の影響は?エリアルポ~特別関西編・後編~

ハウスセゾンエンタープライズ, ライブデザインマネジメント, トップハウス

管理・仲介業|2021年10月09日

  • twitter

 コロナ禍は関西エリアの管理会社の業績やDXにどのような影響を与えたのだろうか。今回の「エリアルポ関西編」では、大阪市や京都市、神戸市などをメーン商圏とする管理会社6社に話を聞いた。

残業過多背景にDX化進む

京都編

ハウスセゾンエンタープライズ、留学生のサポートに注力

 同じく京都市内を中心に2600戸管理するハウスセゾンエンタープライズ(京都市)では、コロナ禍による業績の大幅な影響はなかった。コロナ下では、入居者である留学生のサポートを行うことや、在宅勤務などによる入居者の困りごとサポートに注力した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

関連記事▶【コロナ禍の影響は?エリアルポ~特別関西編~[前編][後編]】

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. 宅配ボックス補助金、申請受付

    国土交通省,ハッピーハウス

  5. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ