大東建託パートナーズ、生活総合プラットフォーム始動

大東建託パートナーズ

ニュース|2021年11月11日

  • twitter

 大東建託グループで賃貸管理を行う大東建託パートナーズ(東京都港区)は8日、生活総合プラットフォーム「ruum」を開設。管理物件の入居者に加え、一般ユーザー向けに生活に関わる情報提供や行政手続きをスマートフォンのアプリ上で行えるサービスを展開。同社の掲げる「生活総合支援企業」への成長を目指す。

アプリ上で入退去連絡や行政手続き

 ruumの機能は、大きく3つ。1つ目は、60社超の企業との提携により、独自プランのサービスを提供。産直野菜のサブスクリプションサービスやブライダルプランなど生活に関する幅広い商品・サービスについて、ruum上で申し込みから決済までを行える。2つ目は、ユーザー情報を基にしたサービスのリコメンド機能。3つ目は、管理物件の入居者向けに、家賃・電気・ガス・水道の請求履歴が確認でき、アプリ上で領収書も発行可能だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『セーフティネット制度施行から4年が経過、認知度に課題 ~前編~』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. イノーヴ、表参道に猫共生型物件

    イノーヴ

  2. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  3. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  4. センチュリー21、加盟店向けに秋の戦略会議開催

    センチュリー21

  5. 請負契約【賃貸不動産経営管理士試験対策】

    【連載】2021年試験対策 賃貸不動産経営管理士

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ