不動産市場はトランプ氏に一定の評価

【連載】アメリカ不動産事 第78回 米国大統領選挙後の動向

投資|2022年01月11日

  • twitter

図書館前に設置された投票箱

 11月3日、全米50州で米国第46代大統領選挙が実施された。

 その後両候補による接戦から一転、主要メディアがバイデン氏の当確を発表した。一方で郵便投票による不正行為が全米各地から報告され、最終的には法廷闘争へと進む気配だ。

 ここではあえてトランプ政権の継続を想定した。

居住用賃貸物件に対する家賃規制の見直しが急務

トランプ政権への期待と展望

 選挙選挙直前の10月中旬、バイデン候補の身内で収賄スキャンダルが発表され、疑惑の中で投票日を迎えた。

 4年間にわたるトランプ政権への評価は賛否両論だが、コロナ禍までは国内雇用が堅調に伸びたことで中低所得層からの支持を得た。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『健康的な生活意識した空間重視』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産取引】5月18日電子契約全面解禁、電子書面の交付が可能に

    国土交通省

  2. 【日本情報クリエイト、リアプロ買収】両サービスのデータを連携

    日本情報クリエイト

  3. 全国賃貸住宅新聞【紙面ビューアー】閲覧用URL一覧

    全国賃貸住宅新聞 紙面ビューアー

  4. 管理士移行講習未修了者が2割、申し込み締め切りまであと2週間切る

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

  5. スルガとの交渉進まずSI被害弁護団

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ