不動産市場はトランプ氏に一定の評価

【連載】アメリカ不動産事 第78回 米国大統領選挙後の動向

投資|2022年01月11日

  • twitter

図書館前に設置された投票箱

 11月3日、全米50州で米国第46代大統領選挙が実施された。

 その後両候補による接戦から一転、主要メディアがバイデン氏の当確を発表した。一方で郵便投票による不正行為が全米各地から報告され、最終的には法廷闘争へと進む気配だ。

 ここではあえてトランプ政権の継続を想定した。

居住用賃貸物件に対する家賃規制の見直しが急務

トランプ政権への期待と展望

 選挙選挙直前の10月中旬、バイデン候補の身内で収賄スキャンダルが発表され、疑惑の中で投票日を迎えた。

 4年間にわたるトランプ政権への評価は賛否両論だが、コロナ禍までは国内雇用が堅調に伸びたことで中低所得層からの支持を得た。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『健康的な生活意識した空間重視』

検索

アクセスランキング

  1. 共立メンテナンス、学生寮でメロン栽培

    共立メンテナンス

  2. 賃貸住宅フェア2022セミナーレポート

    リーガルスムーズ

  3. 印紙代、年2000万円以上を削減

    FJネクスト,ベルテックス,ジャパンリアルター,GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)

  4. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】約10棟分の家賃アップ成功事例資料で受託営業

    イムズパートナー,コーエー住宅

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ