不動産市場はトランプ氏に一定の評価

【連載】アメリカ不動産事 第78回 米国大統領選挙後の動向

投資|2022年01月11日

  • twitter

図書館前に設置された投票箱

 11月3日、全米50州で米国第46代大統領選挙が実施された。

 その後両候補による接戦から一転、主要メディアがバイデン氏の当確を発表した。一方で郵便投票による不正行為が全米各地から報告され、最終的には法廷闘争へと進む気配だ。

 ここではあえてトランプ政権の継続を想定した。

居住用賃貸物件に対する家賃規制の見直しが急務

トランプ政権への期待と展望

 選挙選挙直前の10月中旬、バイデン候補の身内で収賄スキャンダルが発表され、疑惑の中で投票日を迎えた。

 4年間にわたるトランプ政権への評価は賛否両論だが、コロナ禍までは国内雇用が堅調に伸びたことで中低所得層からの支持を得た。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『健康的な生活意識した空間重視』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

  4. 2022年版賃貸仲介件数ランキング地方版トップ10

    ウィルハウスグループ, 一誠商事

  5. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ