ハワイ不動産を手放す際に

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.129

その他|2022年01月22日

  • twitter

 最近当社でも日本のお客さまから現在所有中のハワイ不動産を売却したい、との相談を受けることが増えてきました。

 そこで今回は、ハワイ不動産を売却する際に考慮する項目七つを簡単に解説します。

売却時に重要な七つの項目

 まず売主は「誰に?(Who)」と「いくらで?(How much)」を決めます。

 Whoの売却先は、基本的に三つ、①実際に入居目的購入希望の個人、②個人投資家、③法人です。この売却先によって気を付けるポイントが違います。入居目的の個人に売却する場合は、通常過去1年間の5~10件の周辺売買事例を考慮して参考価格を算出し判断するのが一般的です。この売却先が一番高値で売れる可能性があり、個人投資家に売却する場合は、その物件の投資案件としての利回りを重視し価格を決定します。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『バブル市況続くオアフ島不動産』

検索

アクセスランキング

  1. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  2. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

  3. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  4. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ