ハワイ不動産を手放す際に

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.129

その他|2022年01月22日

  • twitter

 最近当社でも日本のお客さまから現在所有中のハワイ不動産を売却したい、との相談を受けることが増えてきました。

 そこで今回は、ハワイ不動産を売却する際に考慮する項目七つを簡単に解説します。

売却時に重要な七つの項目

 まず売主は「誰に?(Who)」と「いくらで?(How much)」を決めます。

 Whoの売却先は、基本的に三つ、①実際に入居目的購入希望の個人、②個人投資家、③法人です。この売却先によって気を付けるポイントが違います。入居目的の個人に売却する場合は、通常過去1年間の5~10件の周辺売買事例を考慮して参考価格を算出し判断するのが一般的です。この売却先が一番高値で売れる可能性があり、個人投資家に売却する場合は、その物件の投資案件としての利回りを重視し価格を決定します。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『バブル市況続くオアフ島不動産』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産DXのシステム特集】~賃貸管理システム編~

    アットホーム,日本情報クリエイト,いえらぶGROUP,アセットコミュニケーションズ,Bambooboy(バンブーボーイ),東計電算

  2. ハウスメーカー、賃貸復調

    レオパレス21,大和ハウス工業, 大東建託,積水ハウス,旭化成ホームズ,スターツコーポレーション

  3. 【管理業法を解説!~後編~】Q&Aで疑問を解決!管理戸数あたりの管理者の配置基準はあるの?

  4. 【管理業法を解説!~前編~】200戸以上の管理受託、無登録は罰則へ

  5. 【2代目家主座談会・前編】求めるのは"担当者の人柄"

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ