ファーストロジック、区分マンション利回り7%台

ファーストロジック

統計データ|2022年02月10日

  • twitter

 投資用不動産情報サイト「楽待」を運営するファーストロジック(東京都中央区)は、同サイトにおける「投資用不動産市場調査2021年10~12月期」の結果を22年1月14日に公表した。

価格上昇傾向にストップ

 同調査は、21年10月1日~12月31日に楽待に新規掲載された全国の収益物件の市場動向を集計したもの。

 調査結果によると、区分マンションの平均価格は1611万円(前回比マイナス83万円)。20年4~6月期から続いていた価格の上昇傾向が止まり、前四半期に続いて平均価格が下落、利回りが上昇した。区分マンションの平均利回りは7.17%と、1年ぶりに7%台を回復した。

 一棟アパートは6699万円(前回比マイナス32万円)で2四半期連続で平均価格が下落したが、ほぼ横ばいで推移。一方で、一棟マンション価格は2億66万円(プラス1246万円)と、18年7~9月期ぶりに2億円台まで上昇した。

 同社広報責任者の尾藤ゆかり氏は「新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株の感染拡大により、今後の不動産市場動向に影響があるのか、引き続き注視していきたい」とコメントした。

(2022年2月7日15面に掲載)

おすすめ記事▶『ファーストロジック、不動産投資情報ユーチューブ、登録者30万人突破』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ