コロナ禍の賃貸市場の影響は?エリアルポ ~宮城編~

山一地所,ラサキ不動産,北都開発,信和物産

管理・仲介業|2022年04月09日

  • twitter

 全国の都道府県各地における新型コロナウイルス禍の影響を取材するルポ企画。今回は、東北随一の経済都市、仙台市のある宮城県だ。人口増加や法人需要など、ポジティブなキーワードが上がる一方、新築の客付けに苦戦する声なども上がっている。管理会社4社とオーナーに話を聞いた。

仙台市、大手法人の依頼5分の1も

山一地所、大口法人移動なしテレワーク影響か

 管理戸数1万2008戸、宮城県地場大手の山一地所(宮城県仙台市)では、コロナ下でテレワークを推進する大手企業が社員の移動を止めた影響が出ている。同社は年間賃貸仲介件数5000件弱のうち、法人が4割を占めている。ある法人顧客では、例年の繁忙期1〜3月で50件前後の借り上げ社宅の契約があったが、2022年の繁忙期は10件と例年の5分の1に減少した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『コロナ禍の賃貸市場の影響は?エリアルポ ~岡山編~』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ