中古賃貸のリノベ再販事業を強化

リビタ

商品・サービス|2011年02月28日

  • twitter

東京電力グループのリビタ(東京都渋谷区)は、日本賃貸住宅投資法人(東京都港区)から賃貸中の区分所有マンション56戸を一括で取得した。今後、賃貸住宅として運用しながら、退去の出た部屋から随時リノベーションし、販売していく。

リビタではマンションのリノベーション再販事業を積極的に展開しているが、区分所有マンションの買取り再販の例は少ないという。

取得したのは1999年築の「リーベスト中山」(神奈川県横浜市)。総戸数149戸の分譲マンションだが、そのうち賃貸として運用されていた56戸を取得した。53戸が賃貸中で3戸は空室。取得価格は9億17万6000円。6月以降にリノベーションを経て再販していく予定。「希望があれば、入居中の人に販売するということも考えられる」(同社広報)という。再販価格は戸あたり2000万円台中盤から後半を予定している。

リビタは2005年設立。リノベーション分譲マンション事業のほか、シェアハウスタイプの賃貸住宅「シェアプレイス」シリーズの企画・運営を行っている。最近は、区分所有マンションのリノベーション再販事業を強化している。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~スマートロック編~

    アサヒグローバル, 三菱地所ハウスネット, ゴールドトラスト, ライナフ

  4. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~RPA編~

    ハウスパートナーホールディングス, 日本財託, ディップ

  5. 都市再生機構×フージャースアセットマネジメント、DIYとアウトドアがコンセプト

    独立行政法人都市再生機構, フージャースアセットマネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ