リーウェイズ、賃貸住まい 大塚駅が最多

リーウェイズ

商品・サービス|2022年09月12日

  • twitter

 不動産の価値分析サービス「Gate.(ゲイト)」を展開するリーウェイズ(東京都渋谷区)は8月30日、「賃貸経営に向いている駅ランキング」を発表した。駅からおおむね徒歩10分圏内にある民間賃貸住宅に住む世帯数が多い駅をランキング形式でまとめた。首都圏では1位がJR山手線大塚駅、次いでJR中央線高円寺駅、都電荒川線大塚駅前駅となった。関西圏、主要地方都市版も無料公開している。

需要の裏付けを分析

 首都圏版は、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県にまたがる路線が対象。同社が提供する不動産市場の分析ツール「Gate.MarketSurvey(マーケット サーベイ)」を使い、総務省公表の「令和2年国勢調査」のデータを基に駅周辺の世帯数を集計した。大塚駅は2万6303世帯だった。

 ランキング作成はツールの有用性をアピールするのが狙い。国勢調査などの公式データと、周辺施設情報など独自に収集する30以上の分析項目をかけあわせて市場分析レポートを作成する。当該エリアの賃料分布や主要な施設数、災害リスクなどが把握できる。大塚駅の場合、コンビニエンスストアや病院、学校の数が多く、単身・ファミリー世帯に利便性が高いことが分析できた。

 リーウェイズでは同ツールを、顧客への提案強化が図れるものとして不動産会社や金融機関に訴求していく。

(2022年9月12日9面に掲載)

おすすめ記事▶『リッチロード、投資物件の収益性をAI査定』

検索

アクセスランキング

  1. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  2. 民泊復調、「売上21年比倍増」【クローズアップ】

    ファミリアリンク,Unito(ユニット)

  3. 家主が知っておきたい法制度解説~民法改正編~

    銀座第一法律事務所

  4. チームネット、保護猫を共用部で預かり

    チームネット

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ