レオパ、入居率不正報道に対抗 新潮社を相手取り訴訟へ

レオパレス21,新潮社

その他|2022年10月28日

  • twitter

 レオパレス21(以下、レオパレス:東京都中野区)は1021日、入居率不正工作の報道に対し名誉棄損(きそん)として、訴訟準備に入ったと発表した。

 1020日発行の「週刊新潮」は、レオパレスの経営陣らが主導して、入居率の不正工作を行っていると報道した。これに対し、レオパレスは新潮社(東京都新宿区)を相手取り、名誉棄損として訴訟を行う。

「元役員告発は事実無根」

 記事ではレオパレスが入居率を高く見せるため、入居審査に落ちた人を入居させたり、解約処理をわざと翌月に遅らせたりしていると報道。同内容は、週刊新潮側へ1994年~2006年まで在籍していたレオパレスの元役員が告発した。報道後、レオパレスの株価は急落し、1020日は70円安のストップ安となった。

 同社は報道内容を否定。入居率は機械的に算出するため、人為的に操作することは不可能であると主張した。

また「3カ月以上の家賃滞納者には立ち退きを求めるはずなのに、2年以上放置していた」などの指摘については、そもそも立ち退きを求める際の基準滞納期間の法令・規則、社内スキームは存在していないと説明している。

 同社の担当者は「報道内容はまったくの事実無根であり遺憾」とコメントした。

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ