住宅瑕疵担保履行法【宅建試験解説】

【連載】2023年宅建試験まるかわり解説

管理・仲介業|2023年09月08日

  • twitter

Q.住宅瑕疵(かし)担保履行法とは

A.違法建築物を購入した買主を保護します

 新築住宅について、すでに2000年4月施行の住宅の品質管理の促進等に関する法律(以下、住宅品質確保法)に基づき、売主と請負人に対し10年間の瑕疵担保責任を負うことが義務付けられていました。ところが、05年11月にいわゆる構造計算書偽造問題が発覚すると、こうした法制度だけでは消費者保護としては不十分であることが浮き彫りになりました。

 あるデベロッパーが分譲したマンションは、建て替えを含む大規模な補修工事が必要になり、多額な費用がかかることが判明しました。しかし、デベロッパーの会社財産では対応できず、倒産してしまいました。

 そこで創設されたのが特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(以下、住宅瑕疵担保履行法)です。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『自ら売主制限②【宅建試験解説】』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ