省エネ性能表示制度始まる

【連載】リクルートSUUMO不動産トレンド最前線

法律・制度改正|2023年10月06日

  • twitter

 2024年4月から省エネルギー性能表示制度が始まる。住宅や建築物を賃貸・販売する事業者には「省エネ性能ラベル」を広告時などに表示する努力義務が発生する。

再販・転売時にも努力義務

 23年9月下旬に国土交通省から告示、ガイドラインが公表されている。制度の対象となるのは24年4月以降に建築確認申請される新築建築物。その物件が再販売・再賃貸される場合も原則対象となる。

 努力義務の対象者となるのは売主、貸主、サブリース事業者。発行物は省エネ性能ラベル(図1)と建築物のエネルギー評価書の2種類。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『長期優良住宅、利点説明が重要』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ