【企業研究】企業研究vol.089 Best Stage 椿内 学 社長【トップインタビュー】

Best Stage(ベストステージ)

企業研究|2020年12月26日

  • twitter

Best Stage 椿内 学 社長(49)

 東武東上線沿線の埼玉県内を中心に一棟アパートの用地取得から建築、販売まで一気通貫したサービスを提供するBest Stage(ベストステージ:埼玉県富士見市)。近年は自社設計・施工の木造3階建てアパートをメインに建築請負に力を入れ、ここ5年間で業績が2倍以上に上向くなど目覚ましい成長を果たしている。ここでは「日本中のオーナー様を元気にしたい」と語る椿内学社長に企業の歩みや今後の展望を聞いた。

建築受注を伸ばし、5年後までに年商100億を目指す

コロナ禍でも安定経営 高い設計力が強み

―椿内社長は20代後半の時に先代であるお父さまの後を継がれ、二代で30年以上の歴史を築いてこられました。ここまでの歩みを支えてきたものは何だったとお考えでしょうか。

 父はもともと建具屋をやっていましたが、工務店に頭を下げてどうしても最後は価格勝負になってしまう建具屋の商売は私の性分には合わないと思い、自分は売買仲介などの不動産業をやりたいと考えていました。そこで高校を卒業した年に宅建を取得し、その後2社で計6年社会人経験を積んだ後に25歳で父の会社に入りました。代表に就いたのは、それから2年後のことです。当社は初め、リフォーム工事を主軸にしていたのですが、そこから建て売り住宅の建築下請などをやりながら、徐々にアパート建築にも手を広げてきました。父は職人気質の寡黙な人ですが、経営者の先輩として最も学んだことは、しっかりと原価計算をしてコスト管理を徹底するということです。そうして利益を積み上げ内部留保を厚くしてきたので、今ではもしも向こう3年くらい売り上げがなくても耐えられる財務体質を築くことができました。コロナ禍でみんなが不安を抱える中、社員全員に一人30万円の決算賞与を出せたのも、そうした安定基盤が作れていることが大きかったと思います。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ