ZEH賃貸業界大手の取り組みも開始

【連載】リクルートSUUMOマーケットレポート

統計データ|2022年02月11日

  • twitter

 2022年はZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)賃貸が加速する1年になりそうだ。積水ハウス(大阪市)のシャーメゾンの受注数が20年度で19年比6倍以上の伸びを示すほか、大東建託(東京都港区)がZEHを標準とした賃貸事業の提案を開始、既存住宅1万棟に太陽光発電設備の設置を目指すなど各所で動きがある。国土交通省で21年3月に策定された「住生活基本計画」でも民間賃貸住宅のうち一定の断熱性能と遮音対策が講じられた住宅の割合を30年までに2倍(18年比)にする成果指標もある。

 実際のところZEHはどの程度のスピードで普及していくのか。積水ハウスの調査では認知率は3割強、21年11月の当コラムで紹介した当社の調査でも賃貸ユーザーへの認知は約2割とまだ高くはない。とはいえ同調査でZEHのメリットを理解すれば約9割が検討するとも回答している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『リクルート、住み続けたい街の特徴発表』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ