若者が好む和室に改修

2017年11月13日 | リノベーション

  • twitter

色付き和紙、柱に柿渋塗料で高級感

築26年のアパートで既存の和室を活かして若者向けの物件に改修したのは、賃貸物件の改修・販売を行うスイッチコネクション(神奈川県横浜市)だ。

東京都渋谷区にある京王電鉄『笹塚』駅から徒歩10分の場所に立つ木造3階建てアパート『シャンブル志波』。周辺の住宅街では新築の集合住宅が立ち並び、家賃を下げても、全4部屋中2部屋が空室だった。
新宿駅まで電車で約5分という立地と2DKの間取りから、ターゲットを若いDINKSに絞った。施工前は他のアパートと差別化ができないほど特徴がなく、経年による劣化が目立っていた。洋室への変更することなく、既存の部屋を生かした改修でコストを抑えた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ