三友システムアプレイザル、東京都のオフィス空室率1%下回る

三友システムアプレイザル

その他|2020年05月23日

  • twitter

 不動産鑑定評価や不動産調査を行う三友システムアプレイザル(東京都千代田区)は3月30日、同社と提携する不動産鑑定士136人に行ったアンケートを基に、『三友地価予測指数(2020年3月調査)』を発表した。

新型コロナなどの影響で下落局面に

 『三友地価予測指数』は、地価動向の見方について強気・弱気の程度を指数化し、上昇(100)・やや上昇(75)・横ばい(50)・やや下落(25)・下落(0)の5段階で評価。地価動向の「現在」は過去6カ月、「先行き」は6カ月先の推移を示している。

 予測指数によると商業地の「現在」は、東京圏83.9、大阪圏73.2、名古屋圏84.4で、地価の上昇ピッチは東京圏と名古屋圏で強まり、大阪圏では弱まっている。ただ「先行き」は、東京圏59.7、大阪圏53.6、名古屋圏43.8と、慎重な見方が強まっている。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃支援策 自治体一覧【居住用・事業用】

    2. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    3. 地場大手「IT化」加速

    4. 賃貸仲介、一部で回復傾向

    5. 絆人、シェアハウスに特化した設計プラン

      絆人

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ