三友システムアプレイザル、東京都のオフィス空室率1%下回る

三友システムアプレイザル

その他|2020年05月23日

  • twitter

 不動産鑑定評価や不動産調査を行う三友システムアプレイザル(東京都千代田区)は3月30日、同社と提携する不動産鑑定士136人に行ったアンケートを基に、『三友地価予測指数(2020年3月調査)』を発表した。

新型コロナなどの影響で下落局面に

 『三友地価予測指数』は、地価動向の見方について強気・弱気の程度を指数化し、上昇(100)・やや上昇(75)・横ばい(50)・やや下落(25)・下落(0)の5段階で評価。地価動向の「現在」は過去6カ月、「先行き」は6カ月先の推移を示している。

 予測指数によると商業地の「現在」は、東京圏83.9、大阪圏73.2、名古屋圏84.4で、地価の上昇ピッチは東京圏と名古屋圏で強まり、大阪圏では弱まっている。ただ「先行き」は、東京圏59.7、大阪圏53.6、名古屋圏43.8と、慎重な見方が強まっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ