日本財託管理サービス、1年7000時間相当の業務を削減

日本財託管理サービス

企業|2020年11月07日

  • twitter

 管理戸数2万3000戸の日本財託管理サービス(東京都新宿区)は、このほどRPA(ソフトウェアロボットによる作業の自動化)システムを導入し、年間約7000時間相当の事務処理時間を削減した。

RPAで事務負担を大幅軽減

 現在RPAで対応しているのは、基幹システムの入力や保険代理業で生じる領収処理、契約書類の発行など。2018年にRPAを導入し、現在50台が稼働している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  3. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  4. 入居を後押しするホームステージング~前編~

    ハウジングロビー,カグカス,一般社団法人日本ホームステージング協会

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ