過去の教訓から学ぶ「サブリース」の注意点【トレンド企画・法規制で変わるサブリース2】

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

市況|2020年09月10日

  • twitter

 サブリースをめぐるトラブルは過去何度も発生し、業界内に教訓を残してきた。大手サブリース会社のレオパレス21とオーナーが家賃減額契約で争った訴訟、また投資用シェアハウス『かぼちゃの馬車』を開発・供給したスマートデイズの家賃支払いの完全ストップは代表例。一連のトラブルからオーナーが学べるポイントは何か。サブリースのメリットと注意点を整理したい。

家賃減額について誤認させた責任

 サブリース契約を巡るトラブルについては、これまで本紙でも多く取り上げてきた。なかでも業界に大きな影響を与えたのが、レオパレス21(東京都中野区)の家賃減額を巡る訴訟や、『シェアハウスかぼちゃの馬車事件』だろう。

 レオパレスの物件オーナーが同社に対し家賃減額契約の無効と、減額分の家賃の支払いを求めた裁判で、20年2月に岐阜地裁はオーナー側の主張を認める判決を下した。争点となったのは、オーナーが家賃減額契約について誤認していたかどうか、その誤認の原因はどちらに責任があるかの2つだった。岐阜地裁は誤認を認め、その責任をレオパレス側にあると判断した。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 【実態調査】賃貸管理が売上高に占める割合って?一人当たり管理戸数の普通は?

    住みかえ情報館, 三幸, 湘南宅建

  3. 近鉄不動産、ワーケーションを試験提供

    近鉄不動産

  4. 2020 人気設備ランキング発表

  5. グローバル・リンク・ マネジメント、1棟販売計画が順調に進捗

    グローバル・リンク・マネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ