タイ・バンコクで2棟1330戸の高層レジデンス開発

三井不動産グループ

企業|2014年09月24日

  • twitter

今年10月から販売開始

三井不動産(東京都中央区)と三井不動産レジデンシャル(東京都中央区)は、タイの首都バンコクの中心エリアで2棟の超高層マンション事業開発を進める。
高層マンションには分譲住宅1330戸が入り、10月から販売を開始する。
事業主は三井不動産と三井不動産レジデンシャルの共同出資会社である三井不動産アジア(所在地:シンガポール)となる。
2事業のうち「アシュトン・アソーク」は50階建て783戸を予定。
バンコクで最も人気のある住宅エリアの一つであるスクンビットエリアに位置する。
スクンビット駅からは徒歩1分という交通利便性の高い場所だ。
建物上層部にプールやフィットネス、ライブラリーなど、共用部を充実させ付加価値向上を図る。
もう一棟は36階建て550戸の「イデオQ サイアム・ラチャテウィ」。
計画地は、バンコクの主要商業エリアであるサイアム商業エリアに近接し、バンコク屈指の商業施設「サイアム・パラゴン」等へも容易にアクセスが可能。
2棟の分譲マンションの販売は現地に設置する販売センターで行う予定だ。
三井不動産グループとしての東南アジアで事業推進中の住宅物件は計11物件となる。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~スマートロック編~

    アサヒグローバル, 三菱地所ハウスネット, ゴールドトラスト, ライナフ

  4. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~RPA編~

    ハウスパートナーホールディングス, 日本財託, ディップ

  5. 都市再生機構×フージャースアセットマネジメント、DIYとアウトドアがコンセプト

    独立行政法人都市再生機構, フージャースアセットマネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ