(一社)日本シェアハウス連盟、22年シェアハウス市場調査

一般社団法人日本シェアハウス連盟

統計データ|2022年12月19日

  • twitter

 一般社団法人日本シェアハウス連盟(東京都渋谷区)は11月29日、8回目となる「シェアハウス市場調査2022年度版」を発表した。新型コロナウイルス禍の影響が続く中、1月時点の稼働率と売り上げが、ともに21年同月比で増加したと回答した企業が35社中1割超あり、市場に回復の兆しが表れている。

1割超が「稼働率回復」

 今回の調査では、シェアハウスが21年比550棟増の5607棟と、21年の減少傾向から増加へ転じた。この結果について、高橋圭一代表理事は「本調査ではポータルサイトなどをメインに棟数を集計する。新規物件が供給されたというよりはコロナ下における稼働率低迷の影響から、インターネット集客を利用する物件が増えたと考えられる」と分析。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『シェアハウス需要回復、外国人需要取り込み稼働率8割台へ』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ