フラット35不正利用で融資審査を厳格化

住宅金融支援機構

法律・制度|2019年09月24日

  • twitter

 低金利の住宅ローン『フラット35』が不動産投資に悪用された事件の予防策として、住宅金融支援機構は融資審査を厳格化することを明らかにした。

居住実態を把握する継続的な調査も

 自宅購入のためのローン『フラット35』を投資目的で悪用したと判明したのは、これまでに105件。さらに不正利用したことが疑われる融資が49件ある。105件はすべて、特定の不動産会社が売り主として関与している案件だった。2018年9月に同機構に情報提供があり、調査を開始。8月30日に機構が公表した詳しい調査結果で不正利用した住宅購入者や物件の特徴が明らかになった。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    2. 仲介手数料返還裁判、大手が「借主の事前承諾」徹底

    3. 「アクセル全開で物件を仕入れてきた」、1年を振り返る

      OYO LIFE(オヨライフ)

    4. 急拡大路線から「質重視」へ

      OYOLIFE(オヨライフ)

    5. 原状回復費用を定額保証

      アーバンクリエイツ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ