入居者4割が管理に不満

【連載】リクルートSUUMOデータで読み解く賃貸市場の最新事情

統計データ|2022年12月14日

  • twitter

 2023年のオンシーズンに向けて、現状の管理体制の見直しを検討している人もいるだろう。今回は賃貸物件の管理体制やトラブル対応と入居者の退去意向の関係性について見ていきたい。

 管理体制やトラブルの対応について「気になることがある」と回答した人は全体の約42%。中でも引っ越したいほど気になる人は約28%という割合だった。最も気になる項目は、共用部の清掃。以下、建物や共用部の劣化に対する手入れ、専有部の劣化に対する手入れなどが挙がった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『省エネリフォームで退去対策』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  4. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  5. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ