贈与、相続から7年前まで加算【クローズアップ】

松木飯塚税理士法人

法律・制度改正|2023年01月19日

  • twitter

 2022年12月に与党が発表した「令和5年度税制改正大綱」は不動産オーナーにとって増税の内容が中心となった。地主やオーナー、不動産会社に影響する内容を専門家が解説する。

マンション税評価、適正の方針

 令和5年度税制改正大綱で注目したいのが大きく次の四つだ。①生前贈与加算、さかのぼり期間7年へ引き上げ②相続時精算課税制度の利活用③インボイス(適格請求書)制度、免税事業者の事業者登録で一部軽減措置④マンションの相続税評価の適正化への方向性を提示だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『【相続登記の義務化】違反で過料発生の可能性』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ