エスリード賃貸、入居率100%達成

エスリード賃貸,エスリード

その他|2023年05月02日

  • twitter

エスリードが開発し、エスリード賃貸が管理する賃貸住宅の外観

 管理戸数1万6500戸のエスリード賃貸(大阪市)は、2022年12月中旬から23年3月15日までの管理物件の入居率100%を達成した。入居者向けの初期費用無料キャンペーンが最も高い効果を上げたという。

初期費用ゼロで訴求

 グループ会社のエスリード(同)が開発・販売をした物件の管理を、エスリード賃貸で受託する。グループで開発および管理する物件のエリアは、大阪市など関西圏の都市部、愛知県名古屋市など。立地は最寄り駅から徒歩10分以内を目安とする。専有部は1Kで、25㎡前後の単身者向け物件が多くを占める。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『企業研究vol.159 エスリード賃貸 中澤 博司 社長【トップインタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ